お客様保護等管理方針

  • print

当金庫は、労働金庫法の他関連法令等に基づき、預金・貸出金・為替取引、国債・投資信託等の販売・募集、保険募集、共済契約の締結の代理または媒介のサービスのご提供など、会員・利用者・契約者(以下、「お客様」という。)との取引等の適切性及び十分性を確保するため、以下のお客様保護及び利便性の向上に向けた管理の方針(以下、「お客様保護等管理方針」という。)を定めるとともに、必要となる管理態勢ごとに担当役員と管理責任者等を配置しています。また、お客様保護等管理の統括部署を経営企画部として定め、各管理責任者を中心として、管理、指導及び教育等にかかる施策等を実施いたします。また、その実効性の検証については監査部が担当・実施いたします。当金庫は、お客様の自由な意思を尊重し、その資産、情報及びその利益を保護するため、以下に定める事項を定めます。

1. お客様を保護するために行うべき管理に関する方針

  • (1)お客様説明の適切性及び十分性の確保
    • ① 当金庫は、お客様の金融商品取引の目的、知識、経験及び財産の状況に照らして、適切な情報の提供と商品説明をいたします。
    • ② 金融商品の選択・ご契約は、お客様ご自身の判断によってお決めいただきます。その際、当金庫は、お客様に適正な判断をしていただくため、当該商品の重要事項について説明をいたします。
    • ③ 当金庫は、誠実・公正な勧誘・説明を心掛け、お客様に断定的判断の提供や事実と異なる説明、誤解を招く説明等を行わず、お客様説明の適切性及び十分性の確保に努めてまいります。
    • ④ お客様説明管理責任者は、定期的にまたは必要に応じて随時、お客様説明管理の状況に関する報告等を踏まえ、お客様説明態勢を評価し、その実効性を高める努力をしてまいります。
  • (2)お客様サポート等の適切性及び十分性の確保
    • ① 当金庫は、お客様からの日常業務に係る相談、要望及び苦情等(以下、「相談・苦情等」という)を受け付け、相談・苦情等の対処(以下、「お客様サポート等」と言う。)を行う者が遵守すべき手続き等を取り決めています。この管理態勢によりお客様のご理解と信頼を深め、お客様の正当な利益の保護に、組織をあげて取組んでまいります。
    • ② お客様相談窓口を明示し、お客様サポート等について、慎重かつ誠意をもって対応させていただくなど、お客様サポート等の適切性及び十分性の確保に努めてまいります。
    • ③ お客様サポート等統括管理責任者は、定期的にまたは必要に応じて随時、お客様サポート等管理の状況に関する報告等を踏まえ、お客様サポート等の管理態勢を評価し、その実効性を高める努力をしてまいります。
  • (3)お客様情報管理の適切性の確保
    • ① 当金庫は、お客様に関する情報につきまして、関連する法令等に従って、適正かつ公正な手段によって取得し、お客様情報の紛失・漏えい・不正アクセスなどを防止しつつ安全に管理することを目的とする必要かつ適切な措置を実施いたします。
    • ② 当金庫は、適切な業務運営の必要な範囲内で、お客様の住所・氏名・電話番号、性別、生年月日などの情報の取得に加えて、融資のお申込みの際には、資産、年収、勤務先、勤続年数、ご家族情報及びお取引情報など、金融商品をお勧めする際には、投資に関する知識・ご経験、資産状況、年収などの情報を取得させていただき、適切なお客様対応に努めてまいります。
    • ③ 当金庫は、お客様ご本人の同意がある場合、もしくは法令等により開示が求められた場合等を除いて、お客様情報を第三者に開示いたしません。
    • ④ 当金庫は、お客様ご本人から、当金庫が保有している情報について開示・訂正、利用停止等のご請求があった場合には、請求者がご本人であること等を確認させていただいたうえで、遅滞なく対応いたします。
    • ⑤ 当金庫は、お客様情報管理に係るお客様からの相談・苦情等の対処について適切に実施するなど、お客様の情報管理について適切性の確保に努めてまいります。
    • ⑥ お客様情報統括管理責任者は、定期的にまたは必要に応じて随時、お客様情報管理の状況に関する報告等を踏まえ、お客様情報管理態勢を評価し、その実効性を高める努力をしてまいります。
  • (4)外部委託管理の適切性の確保
    • ① 当金庫は、よりよいサービスを提供させていただくために、当金庫の事務等の一部を外部に委託することがあります。委託時においては、当金庫の事務等を適切に取扱うことが可能であると認められる委託先を選定し、委託後においても、事務の管理、秘密保持等、お客様の個人情報の漏洩等がないよう、適切な事務管理・監督等を実施してまいります。
    • ② 外部委託管理責任者は、定期的にまたは必要に応じて随時、外部委託管理の状況に関する報告等を踏まえ、外部委託管理態勢を評価し、その実効性を高める努力をしてまいります。
  • (5)利益相反管理の適切性の確保
    • ① 当金庫は、法令等を遵守し、誠実・公正な事業遂行を通じて、お客様の金融に関する正当な利益の確保に取組みます。また、利益相反管理に対する基本的姿勢を公表し、お客様周知に努めます。
    • ② 当金庫は、当金庫の業務において、当金庫が自己または第三者の利益を図ることによりお客様との利益相反が発生する事態を回避するとともに、利益相反を適切に管理し、お客様の利益が不当に害されることのないよう、適切な利益相反管理態勢を構築いたします。
    • ③ 当金庫は、利益相反管理統括部署を設置し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引を特定し、利益相反管理方針に掲げる方法その他の措置を適宜選択し組み合わせて講じることにより、利益相反管理を行います。また、利益相反管理に係る当金庫全体の情報を集約するとともに、対象取引及び管理を一元的に行い、その記録を保存いたします。
    • ④ 利益相反管理統括者は、定期的にまたは必要に応じて随時、利益相反管理の状況に関する報告等を踏まえ、利益相反管理態勢を評価し、その実効性を高める努力をしてまいります。

2. お客様の範囲

本方針において、お客様とは、「当金庫の会員、ご利用者、ご契約者及び会員、ご利用者・ご契約者になろうとする者」を意味します。

3. お客様保護の必要性のある業務の範囲

お客様保護の必要性のある業務は、預金・貸出金・為替取引、国債・投資信託等の販売・募集、保険募集、共済契約の締結の代理または媒介のサービスの提供等において、お客様と当金庫との間で行われるまたは当金庫が行うことができるすべての取引に関する業務です。

以上

この画面を閉じる

検索したい言葉を入力し、検索ボタンをクリックしてください。

お困りなことございませんか?

  • よくある質問・用語集
  • お問い合わせ一覧
  • 県内店舗一覧