長野ろうきん長野県労働金庫 金融機関コード:2966

第3期女性活躍推進法行動計画

女性が管理職として活躍し、男女ともに仕事と育児を両立しながらキャリア形成できる雇用環境の整備に向けて、次のとおり行動計画を策定し、取り組んでまいります。

1. 計画期間

2022年4月1日~2025年3月31日(3年間)

2. 目標と取組内容・実施時期

目標1:「管理職に占める女性職員の割合を3%とする」

<取組内容と実施時期>

取組1)女性職員のキャリア形成促進のための取り組み(2022年4月から)
取組2)はたらきやすい職場環境の推進(2022年4月から)
取組3)女性管理職創出のための検討委員会、専門部署等設置の検討(2022年4月から)

目標2:「育児休職および配偶者出産休暇の取得率を次の水準以上にする」

男性職員
【育児休職】計画期間中、取得率を50%とする
【配偶者出産休暇】計画期間中、100%とする

女性職員
【育児休職】計画期間中、取得率100%を維持する

<取組内容と実施時期>

取組1)制度利用に向けた意識醸成と周知啓発(2022年4月から)
取組2)はたらきやすい職場環境の推進(2022年4月から)
取組3)制度利用に関する課題・問題点の把握と改善(2022年4月から)

3. 情報公表項目

採用した労働者に占める女性労働者の割合<2021年度実績>

雇用形態 採用者数 うち女性採用者数 割合
正職員 15名 7名 46.6%
アシスタント職員 4名 4名 100%
全体 19名 11名 57.8%

「えるぼし認定」の取得について

えるぼし認定

当金庫は、2021年12月、「女性活躍推進法」に基づき、女性活躍において一定の実績が認められる「えるぼし認定」を取得しました。
認定マークは、「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5項目について、企業の取り組みが3段階で評価されるもので、当金庫は、これら5項目のすべての基準を満たしたことから、3つ星認定を取得しました。
今後も引き続き、女性職員のキャリアアップ形成や、長時間労働削減をはじめとした働きやすい職場環境づくりに取り組んでまいります。

「女性活躍推進法」とは

「仕事で活躍したいと思っている女性が個性と能力を十分に発揮できる社会」の実現をめざして、国・地方公共団体、企業には、「事業主行動計画の策定・届出」および「女性活躍推進に関する情報公表」が義務付けられています。
社会全体で、男女ともに、仕事も家庭も両立しながら能力を発揮できる働きやすい職場環境づくりに取り組むために制定されました。

「えるぼし認定」とは

女性の活躍推進に関する取り組み状況が優良である企業に与えられる認定制度です。
「えるぼし認定」の「える」はLを意味しており、「労働(Labour)」、「女性(Lady)」の頭文字に由来しています。