生活応援バンク 長野ろうきん

長野ろうきんとは?銀行との違い?

ろうきん

協同組織

●1会員1票制により、会員(勤労者)自らが、平等に運営に参加
●営利を目的とせず、余剰金は会員に還元

福祉金融

●勤労者を中心に融資
●勤労者の生活・福祉の向上ニーズに応える

銀行

株式会社

●1株1票制により、株式持高の多寡が運営を左右
●利潤追求を目的とし、利益は株式持ち高に応じて株主に配当

企業融資

●企業を中心に融資
●企業の資金ニーズに応える

目的が違います

ろうきんは、働く仲間がつくった金融機関

ろうきんは、労働組合や生活協同組合の働く仲間がお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。働く人たちの暮らしを支え、快適で過ごしやすい社会づくりを目指します。

運営が違います

ろうきんは、営利を目的としない金融機関

ろうきんは、労働金庫法という法律にもとづいて、営利を目的とせず、会員(労働組合・生活協同組合)の一人ひとりを主人公として、公平かつ民主的に運営されています。利用者は全国で1000万人以上です。

運用が違います

ろうきんは、働く人目線で考える金融機関

ろうきんの業務内容は、預金やローン、各種サービスなど、一般の金融機関とほとんど変わりませんが、全ての商品・サービスが働く人の目線で開発・運用されています。すべては働く仲間と家族の生活を守るために。