生活応援バンク 長野ろうきん

採用担当メッセージ

社屋画像

長野ろうきんは昭和26年(1951年)の戦後社会に誕生しました。企業のための金融機関はあっても、働く人のための金融機関がないという当時の金融制度の中で、働く仲間が お互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。長野ろうきんは「はたらく人のために働く金融機関」として、働く人の支持と社会的評価を受けながら、これまで着実に発展してきました。

そして今、新しい金融の時代へ、新しい福祉の時代へ・・・長野ろうきんはさらに大きく発展しようとしています。そんな中求める人物像は、チーム力発揮のため、柔軟な考動力で挑戦し続けられる人

社会人として生きる中で、学生時代からの夢を思いどおりに実現できる人は少ないかもしれません。 しかし、与えられた仕事に全力を注ぎ、多くの人との出会いを大切に、自分を磨いていった先には新しい希望が芽生えてきます。お客様に信頼され、愛される人に成長するにつれて、夢も育っていくのではないでしょうか。 そんな夢をはぐくみながら前進しつづけるチャレンジャーを、長野ろうきんは歓迎します。