長野ろうきんは2021年12月10日、
おかげさまで創立70周年を迎えました。
感謝の気持ちを伝えるとともに、
これからも私たちは、
はたらく人とそのご家族の
「夢」の実現に向けて

みなさまと共に歩み続けます。

理事長挨拶

会員・組合員・ご利用者の皆さまにおかれましては、平素より私ども長野県労働金庫をご利用、お引き立ていただき、誠にありがとうございます。
当金庫は、お陰様で、2021年12月10日に創立70周年という大きな節目を迎えることができました。

設立以来、会員労働組合をはじめとしまして、多くの方々からのお力添えにより、長野県内の勤労者とそのご家族への貢献を使命に、各会員との連携・協働による運動展開を通じました、“意志あるお金の循環”による、良質な金融サービスの提供や多重債務支援、自然災害支援、県内各地域に根差した福祉活動などに取組んで参りました。

これからもはたらく人と地域に寄り添い、「持続可能な収益性」と「将来にわたる健全性」を基軸にすえ、「安心してご利用いただける長野ろうきん」に取組んでまいります。そして、はたらく仲間の皆さまお一人おひとりの「夢」の実現に向け、真のパートナーとして歩みを進めてまいります。
今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 小池 政和

周年ロゴ・キャッチコピー

長野ろうきんの歴史

「信用協同組合長野県労働金庫」として設立 1951
「信用協同組合長野県労働金庫」
として設立
「助け合い積金」スタート 1957
「助け合い積金」スタート
カーローン「車天狗」発売開始 1991
カーローン「車天狗」発売開始
「東日本大震災支援」に向けた取組み 2011
「東日本大震災支援」に
向けた取組み
「新型コロナウイルス緊急生活応援融資」取扱い開始 2020
「新型コロナウイルス緊急生活応援融資」
取扱い開始
歴史をみる
長野ろうきん 70周年Thanks そして これから
  • 抽選で長野県応援ギフトをプレゼント!
  • インターネットバンキング金利上乗せ定期預金
  • 夢をかなえるライフプランシミュレーション
詳しくみる
Campaign 夢をかなえる
教育ローンキャンペーン
最優遇金利(変動金利)
1.57% (保証料込み)

キャンペーン期間 2021年11月1日(月)〜2022年4月30日(土)

教育ローンをみる
thankyoumessage

“信州のはたらくみんな”への感謝のメッセージ はたらくみんなに、
ありがとう。

メッセージをみる

オリジナル紙芝居
【いつもとちがうかえりみち】スペシャル動画

※転載を禁止します

これまで長野ろうきんを支えていただきました“地域の皆さまへの感謝の取組み”として、長野県立大学健康発達学部こども学科の皆さまにご協力をいただき〝はたらく″をテーマとしたオリジナル紙芝居を作成いたしました。
作成した紙芝居は県内の保育園・幼稚園(約600ヶ所)へお届けしております。
本紙芝居を通じて〝はたらく人への感謝の心″や〝はたらくことの尊さ″を園児の皆様に伝えることができれば幸いです。

70周年記念オリジナル紙芝居プレゼントいたします!
長野県立大学の皆さまにご協力いただき作成しましたオリジナル紙芝居「いつもとちがうかえりみち」を先着70名様(長野県内の団体または個人の方)にプレゼントいたします。
ご希望の方は専用応募ホームより申込みください。後日、お送りいたします。
(お申込期日:2022年2月28日)
きっと色々なひとに‶ありがとう″と言いたくなるそんな作品となっております。

申込みをする

うれしい感想をいただきました

  • 絵の雰囲気が柔らかく、一つひとつの絵が大きくとてもわかりやすかったです。
  • 「ありがとう」と、言われることや伝えることが多くなる年齢の子どもたちには、とても響く素敵な紙芝居でした。
  • 紙芝居のあとに、「みんなのまわりの『ありがとう』は?」と聞くと、「お母さん、ごはんを作ってくれてありがとう」「服を買ってくれてありがとう」「保育園に連れてきてくれてありがとう」という声が出てきました。それぞれに自分たちで考えた言葉が返ってきたので、勤労感謝ということを伝えるにあたり、よいきっかけになりました。
  • とても興味深く見ていました。「勤労感謝」について、年中児でもとてもわかりやすい内容のお話になっていたので、子どもたちも集中して聞くことが出来ました。
  • 「ありがとう」を言う時はどんな場面かが年少児でもよくわかり、紙芝居を見たすぐあとに自分はこんな時にありがとうを言うよと、はなしていた子もいました。
  • 主人公を自分として見ることができる分かりやすいストーリーでした。

高梨臨出演CM ろうきんの歴史