Voice 01.

大切にしているのは「利他と感謝」

2015年入社
平林 紗瑛
平林 紗瑛

お客様からの「ありがとう」の言葉
それが私の原動力。
常にお客様と同じ目線に立ち、
お話することを心掛けています。

平林 紗瑛

Q1. 現在の業務内容を教えてください

出納業務と窓口業務を行っています。
出納業務は、支店の現金を管理する立場であり、日々、お金の動きを見ながら調整を行っています。
窓口では、多くのお客様が来店されるため、様々なご相談のお客様がいらっしゃいます。一人一人のご相談に、寄り添いながら対応することを心掛けています。
お客様と雑談をする中で、その方のライフスタイルに合わせたご提案をしています。
若年層の方がご来店いただいた際には、資産運用など、将来のための貯蓄の大切さをお話させていただいています。

Q2. 長野ろうきんに入庫を決めた理由(入庫動機)を教えてください

地域に根付いた金融機関であり、さらに営利を目的としていないため、お客様と良好な関係を築き仕事ができると思ったからです。
”はたらく人”のための金融機関であり、私自身も、これまで長野のはたらく方々に支えられながら生活をしてきたので、次は、私が”はたらく人”に恩返しをしていきたいと考え、長野ろうきんに入庫しました。
そして、説明会に参加させていただいた際にも、ろうきんの職員同士の雰囲気の良さが伝わってきて、こういう方々と働きたい!と強く思ったからです。

Q3. 入庫する前のイメージと実際ろうきん職員となり違いはありましたか?

想像していたよりもさらに地域の方々と密着した良い関係であることに驚きました。
お互いに信頼関係をしっかりと築いており、「ろうきんさんだからお願いしたい」といったお客様が多くいらっしゃいます。こんなに“ろうきんファン”がいらっしゃること、大変嬉しく思いました。
女性は、結婚・出産があるとどうしても仕事がしにくくなってしまうと思いますが、ろうきんは全くそうではなく、子供がいても、男性と同じように働くことができる環境が整っています。入庫する前のイメージとはいい意味で違っていました。

Q4. 仕事の「やりがい」や苦労があれば教えてください。

お客様のライフプランにあわせた商品提案をして、喜んでいただけたときには、やりがいを感じます。お客様からの感謝の言葉をいただいた時には、もっと頑張ろう!と思わせてくれます。

Q5. 挑戦したい、していることを教えてください。

若年層のろうきん利用の拡大のために、何かできることはないかと考えています。
営業業務を行っていた際に、会員さんを回っていると、若い方でろうきんを知らないという方が多く見受けられました。いかに若い方から、ろうきんを支持していただけるかを考え、日々業務にあたっています。

Q6. 長野ろうきんってどんなところですか?

職員同士が話しやすい環境であり、アットホームなので、仕事がしやすいです。
お客様とも、距離の近い関係でお話ができるため、他の金融機関とは違う部分があると思います。
預金・融資・営業をそれぞれ行うことができ、女性でも営業でお客様のところへと回ることができます。様々な業務を行えるため、自分のスキルアップにもなります。

平林 紗瑛

あなたのイチオシを教えてください

職場の雰囲気は、アットホームであり、職員同士が話しやすい環境です。
女性が、産前産後休暇・育児休暇を取得しやすく、お子さんがいる方も時短制度を利用していたりなど、女性が働きやすい職場であることがイチオシです。
男性でも、育児休暇を取得される方もいて、男女ともに、働きやすい環境にあると思います。