Voice 02.

社員同士の繋がりの強さと温かさが魅力

2016年入社
斎藤 里菜子
斎藤 里菜子

お客様と距離が近いからこそできる。
組合員の夢を叶え、
悩みを一緒に解決する。
それこそが私の“やりがい”です。

斎藤 里菜子

Q1. 現在の業務内容を教えてください

労働組合の書記局や各企業の職場へ定期的に訪問し、組合員や書記・ろうきん担当者から預金の払い戻し・振り込み・カーローン車天狗やカードローンマイプラン等の融資相談を受付しております。
その他、組合員のライフプランにあった商品のご提案をさせていただいております。
また、一時金の支給日近くにはお昼に各職場周りでキャンペーンチラシの配布や声かけ等も行います。その他にも定期大会や執行委員会でお時間をいただき商品の説明を行います。どれも多くの人と関わる仕事です。

Q2. 長野ろうきんに入庫を決めた理由(入庫動機)を教えてください

長野ろうきんの面接を受けている際に、当時の面接をしてくださった職員が話しやすい雰囲気で他とは違う温かさを感じました。ぜひそんな長野ろうきんで働きたいと惹かれました。
また、学生のころに教職科目を学んでおり教育に興味がありました。長野ろうきんでのインターシップに参加した際にろうきん教育ローンについて知りました。家庭の事情で大学に行けない子どもたちに寄り添うことができる長野ろうきんに興味をもち、人の想いに寄り添うそんな仕事をしたいと強く感じたことが理由です。

Q3. 入庫する前のイメージと実際ろうきん職員となり違いはありましたか?

一般的な銀行のイメージとして、窓口が静かで黙々と業務をしているイメージでしたが、ろうきんは職員同士の繋がりがとても強く温かかったです。
また、銀行は何か商品を契約していただいたらあとは年1回ほど郵送にてはがきで現在の契約内容等のお知らせが来るくらいの冷たいイメージでした。ですが、ろうきんは職員だけでなく組合員も巻き込んだ独自キャンペーンの展開や定期大会・執行委員会などに参加でき、そこで多くの組合員と接することができます。こういった部分は、ろうきんの強みだと思います。

Q4. 仕事の「やりがい」や苦労があれば教えてください。

車を買おうか悩んでいる方がろうきんのカーローンをご利用いただき、車の購入ができたことで「あの時ろうきんに相談できてよかった」と言っていただきました。
また、毎月のカードローンの返済で悩んでいる方には、ろうきんカードローンマイプランへの借り換えのご提案をいたしました。借り換えのシュミレーションをしてみると総返済額が減らせ、月々の返済も少なくなったため、すぐに借り換えのお手続きをしていただきました。その後、その方から「月々の返済が楽になりました。本当にありがとう」との言葉をいただけました。
組合員の夢を叶え、悩みを解決ができるやりがいがある仕事です。

Q5. 挑戦したい、していることを教えてください。

若年層の組合員へセミナーあるいは個人面談を開催し、ライフプランにあったご提案をしたいと考えております。私は現在23歳です。周りの友人にお金についてきくと「あまり貯金とかは考えていない。積立とかもせずに普通預金に給与が振り込まれ、使いたいときに口座から下ろしているだけ。」とよく聞きます。また、自分もろうきんに就職していなければお金に関してはよく考えていないと思います。そういった若年層の組合員へ今後のライフイベントも含めた話をし、お金について考えるきっかけを作りたいです。

Q6. 長野ろうきんってどんなところですか?

“はたらく人”の想いに向き合う金融機関です。
ろうきんは非営利の金融機関であり、はたらく人の味方です。企業への融資は一切行いません。はたらく人から預かったお金ははたらく人のために貸しております。その他出た利益につきましては会員の推進や社会福祉団体等に寄付をしております。まさに“はたらく人の想いと生きる”金融機関です。

斎藤 里菜子

あなたのイチオシを教えてください

やる時はとことんやる、楽しむ時はめいいっぱい楽しむといった雰囲気です。
また、30歳以下で構成されている青年部では毎年スポーツ大会やキャンプ・学習会などといった活動があります。自分の職場以外の方と交流できる機会があります。