長野ろうきん長野県労働金庫 金融機関コード:2966

もっと知りたい
お金のこと

基本知識

住宅ローンの基礎知識。金利の種類と選び方


キーワードは「ライフプラン」です

大きくは「固定金利」と「変動金利」の2つに分かれます。
「固定金利」とは、その言葉通り金利が変わらない、つまり月々の返済額が変わらないことを意味します。一方「変動金利」は、経済情勢に合わせて金利が変動し、月々の返済額も変動することを意味します。 「変動金利の方が金利が安いから絶対お得!」
「固定金利は月々の返済額が変わらないから安心!」
などいろいろな意見がありますが、いつの時代も、これを選んだら絶対にお得!選ぶと絶対に損をする!といったことは言えません。


ここでキーワードとなるのは、やはり「ライフプラン」。表面的な金利の低さや計算だけの損得に惑わされず、あなたのライフプランに合わせた金利タイプを選ぶことが大切です。
ここで、各金利タイプを比較してみましょう。

金利タイプを比較

  全期間固定金利型 固定金利選択型 全期間変動金利型
特長 金利はずっと固定。
つまり月々の返済額が完済までずっと変わらない。
あらかじめ決めた期間だけは返済額が固定。その期間を過ぎると返済額は金利水準に合わせて変動する。 世の中の経済情勢(金利水準)に合わせて月々の返済額も変動する。
メリット 毎月の支出が最終返済まで確定するので、将来のマネープランが立てやすい。 ご自身のライフプランに応じた期間だけ支出額を確定できる。 全タイプの中で、最も金利が低い。
一般的に、景気が悪くなると月々の返済額は減る。
デメリット 他の金利タイプに比べて金利がやや高め。 設定した期間までは見通しが良いが、その後はライフプランが立てにくい。 月々の返済額が一定でないため、家計支出の見通しが悪い。
一般的に、景気が良くなると月々の返済額は増える。
月々の返済額 完済まで変わりません。 設定した期間中は変わりません。固定期間終了後は、その時点の金利水準に合わせて再計算される。 世の中の経済情勢(金利水準)に合わせて年2回見直します。
こんな人が
向いているかも
・家計支出の主軸となる月々の返済額が変わることにリスクを感じる人
・ある程度長期で住宅ローンを返していこうと考えている人
妻の産休・休職、こどもの進学など、「家計に負担をかけたくない時期」が何となく見えている人 とにかく早く完済したいと考えている人
・急な金利上昇(つまり月々の返済額の上昇)にも耐えられる貯蓄・収入がある人

いかがですか?
住宅ローンの選択ひとつで、あなたの今後の人生が大きく変わるといっても過言ではありません。
あなたのライフプランにあった住宅ローンを選びたいものですね。

住宅ローンの詳しい内容はこちら

基本知識に関する記事

一覧

ローンシミュレーション、仮審査のお申込み

お問い合わせ・ご相談

全店一斉開催 第2土曜ローン相談会

 

開催日

2019年11月9日

会場

<長野ろうきん>全店舗

受付時間

9:00~17:00
相談の予約をする

長野県内の店舗一覧

ローンセンターは毎週、土曜日・日曜日も相談会を開催しています。お気軽にご相談ください。

ローンセンター一覧

ローンに関するお問い合わせ 0120-1919-48

【平日】9:00~17:00 
【土・日】10:00~17:00
祝日及び振替休日(土・日が祝日の場合は営業)、年末年始(12月31日~1月3日)、ゴールデンウィーク(5月3日~5月5日)を除く。