長野ろうきん長野県労働金庫 金融機関コード:2966

よくあるご質問

ろうきんについて

Q.ろうきんの経営内容は、どうなっていますか?

健全であること。透明であること。それは、金融機関として当然のことと考えています。

経営の健全性

バブル崩壊により顕在化した不良債権問題や相次ぐ金融機関の破たんなどにより、国民の金融機関への信頼が揺らいでいます。さらに2005年4月予定のペイオフ全面解禁によって、自らが自らの責任において資産をどこに預けるべきかの検討を余儀なくされます。こうした状況の中で、金融機関の経営内容をチェックする主な基準は、(1)預金・融資の年間平均残高(平残)、(2)自己資本比率、リスク管理債権比率などがあげられます。

●ろうきんの預金と融資
ろうきんは、預金の個人割合が約85%、また、融資の個人割合が約97%となっていることからわかるように、創設以来、営利を目的としない共同組織の福祉金融機関として、はたらく人たちから預かった資金は、はたらく人たちの生活向上に役立つ商品・各種サービスへの還元をおこなっています。ペイオフ全面解禁で、預入先金融機関が破たんした場合、すべての預金は、元本1,000万円とその利息しか保護されなくなりますが、ろうきんは預金が増加傾向を示していることに見られるように、依然としてはたらく人たちから大きな信頼をいただいています。

●ろうきんの自己資本比率
自己資本比率とは資産に対して自己資本をどの程度もっているかです。自己資本比率が一定以下になると、業務停止命令など早期是正措置の対象となります。その基準は、国際業務まで営む金融機関が8%未満、国内業務だけをおこなう金融機関は4%未満とされています。ろうきんは国内業務のみをおこなっていますが、全国ろうきんで11.15%と基準の約4倍の自己資本比率を誇っています。(2010年3月末労金協会調べ)

●ろうきんのリスク管理債権比率
リスク管理債権比率とは、総貸出額に対する不良債権額の割合です。この数字が低いほど安全であるといえます。全金融機関の平均は3.00%ですが、全国ろうきんは1.10%と大きく下回っています(下図参照)。

■金融機関のリスク管理債権等の状況(2010年3月末)

*資料:金融庁公表 (注)リスク管理債権:破たん先債権、延滞債権、3ヶ月以上延滞債権、貸出条件緩和債権の合計
*全国ろうきん数値:労金協会調べ

「ろうきん」は長野県にお住まい、
お勤めの方であればどなたでもご利用いただけます。

他のよくある質問をみる

関連するご質問

一覧

もっと知りたいお金のこと

もっとみる

LINEで「お金に関する基礎知識」をお届け!

LINE

長野ろうきん LINE公式アカウント
お金の貯め方・ローンなどお金に関する基礎知識やお得な情報をお届けします。
お気軽に友だち登録してくださいね。

友だちになる

お問い合わせ

お問い合わせ 0120-1919-48

【平日】9:00~17:00 
【土・日】10:00~17:00
祝日及び振替休日(土・日が祝日の場合は営業)、年末年始(12月31日~1月3日)、ゴールデンウィーク(5月3日~5月5日)を除く。

ご相談・お問い合わせ